ミドリムシサプリメントはこうして選ぶ|クチコミ人気比較ランキング

ミドリムシナチュラルリッチ

 

ミドリムシナチュラルリッチ

最近美容業界で話題の「ミドリムシ」。別名「ユーグレナ」とも呼ばれ、ビタミンやタンパク質など、植物性と動物性、どちらの栄養素も摂れるとして人気急上昇中の成分をふんだんに含むのが、このサプリメントです。
名前に「ムシ」とつくミドリムシですが、実際には微生物。であると同時に、葉緑体で光合成を行うという植物性機能も持ち合わせた、奇跡の生物。これに腸を整える成分を加えた人気の商品です。

 

おすすめ度
お試し価格 2週間分、初回限定463円
ミドリムシ含有量 1粒あたり57.5mg、1日10粒を目安
希望小売価格 3,000円
販売先 株式会社エポラ

 

ミドリムシナチュラルリッチ詳細はこちらミドリムシナチュラルリッチ公式サイトはこちら

 

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナを含むサプリは数多くありますが、その中でも珍しく、この商品は飲み物などに混ぜて飲むタイプです。
豊富な栄養素を含む「ミドリムシ(別名「ユーグレナ」)」。ビタミンやタンパク質など植物性と動物性のどちらの栄養素も摂れるとして、その人気は上がる一方です。名前に「ムシ」とつくミドリムシですが、実際には微生物。そして同時に、葉緑体で光合成を行うという植物性機能も持ち合わせた奇跡の生物なのです。

 

おすすめ度
お試し価格 1週間分、初回限定500円
ミドリムシ含有量 1包あたり1,350mg、1日1包を目安
希望小売価格 4,200円
販売先 株式会社ユーグレナ

 

ユーグレナ・ファームの緑汁詳細はこちらユーグレナ・ファームの緑汁公式サイトはこちら

 

 

ミドリムシエメラルド

 

ミドリムシエメラルド

美容や健康に良いため数多くの食品やサプリメントが出ていますが、その中でも抗酸化力や整腸作用も高める成分がプラスされているのがこの商品。高機能なサプリメントとして高い人気を誇ります。豊富な栄養素を含む「ミドリムシ(別名「ユーグレナ」)」。ミドリムシは「ムシ」ではなく、藻類の微生物。動物性の栄養素だけでなく、葉緑体で光合成を行っているため植物性の栄養素も含むスーパーフード。体内の中性脂肪や老廃物を排出するデトックス効果も証明され、専門家からも注目を集めています。

おすすめ度
お試し価格 初回限定なし
ミドリムシ含有量 1粒あたり250mg、1日3〜6粒を目安
希望小売価格 6,500円
販売先 株式会社ユーコネクト

 

ミドリムシエメラルド)詳細はこちらミドリムシエメラルド公式サイトはこちら

 

 

バイオザイム

 

バイオザイム

サプリも数多く出ていますが、その中でもアンチエイジングにとことんこだわった商品がこちら。いつまでも若々しくいるための成分がプラスされています。豊富な栄養素を含む「ミドリムシ(別名「ユーグレナ」)」。ミドリムシは「ムシ」ではなく、藻類の微生物。動物性の栄養素だけでなく、葉緑体で光合成を行っているため植物性の栄養素も含んでいるのです。さらに中性脂肪や老廃物を排出するデトックス効果も証明されたスーパーフードです。

 

 

おすすめ度
お試し価格 初回限定なし
ミドリムシ含有量 1粒あたり260mg、1日3〜6粒を目安
希望小売価格 6,500円
販売先 株式会社メディアワールド

 

バイオザイム詳細はこちらバイオザイム公式サイトはこちら

 

 

石垣島のユーグレナ

 

石垣島のユーグレナ

安心の小林製薬から出ている、ミドリムシ(ユーグレナ)のサプリメント。藻類の微生物であるユーグレナは光合成も行い、動物性・植物性両方の栄養素を含むスーパーフードとして、世界中の研究機関や医学界から注目されています。
さらに、体内の中性脂肪や老廃物、有害物質に吸着して排出するデトックス効果も証明され、健康だけでなく美容やダイエットにも高い効果が期待されているのです。
大手ならではの安心感・安定感の感じられるこのサプリメントです。

おすすめ度
お試し価格 1ヶ月分、初回限定2,592円
ミドリムシ含有量 1粒あたり50mg、1日4粒を目安
希望小売価格 4,800円
販売先 小林製薬

 

石垣島のユーグレナ詳細はこちら石垣島のユーグレナ公式サイトはこちら

 

デトックスに効果あり?ミドリムシのダイエット効果

ミドリムシはユーグレナとも呼ばれており、優れたデトックス作用があることでも知られています。
豊富な食物繊維を含有し、お腹の調子を整えてくれるのです。
毒素が溜まっている方に共通するのは、お腹の調子が悪いことなのです。
お腹がスッキリしない便秘状態は、本来排出されるべき毒素を溜め込んでいるため、身体が毒素の影響をそのまま受けます。
肌トラブルが起こりやすくなり、スキンケアを徹底しているのにニキビや炎症、かゆみなどに悩まされるようになります。
これを解消するには、体内からケアしていくしかありません。
原因が体内にある以上は、外側からのケアを徹底しても解決はしないでしょう。

 

ミドリムシと体内デドックスの秘密

デトックスはマイナスの健康法や美容法とも言われていますが、これは健康を害するという意味ではありません。
身体にとってマイナスとなる要素を取り除くという意味なのです。
具体的には体内毒素を排出して、健康体に導くことです。
確かに身体によい食品を摂ることは健康上メリットがありますが、毒素を溜め込んでいる状態ならば、まずはこちらから解消していく必要があります。
喫煙をしながらビタミンを飲んでも、ほとんど意味がないのと同じことです。
それならばビタミンを飲まずに、禁煙をしたほうが身体によいのです。
ビタミンのメリットよりも喫煙のデメリットが上回るため、禁煙をしたほうがずっと健康的です。
身体に悪い状態を放置しながら健康対策をしても、ほとんど効果は実感できないでしょう。

 

新陳代謝を上げて脂肪を排除

ミドリムシは健康食品として活用されますが、同時にデトックス素材でもあります。
プラスの健康法とマイナスの健康法の良いとこどりをしたような食品なのです。
ミドリムシを飲み続けることで腸内のバランスがよくなり、ダイエットが成功しやすい身体になります。
ダイエットに失敗する方に共通するのは、代謝力が衰えていることです。
代謝が悪いと食事制限をしても、あまり効果を実感できません。
肥満に悩み始める年代としては30代以降が多いのですが、ここで関係してくるのは代謝力の低下です。
代謝を活性化すれば脂肪がスムーズに燃えますが、そのためにはデトックスをする必要があるのです。
足浴をすればお湯がヌルヌルになると言われますが、これは毒素が排出されたからです。
ミドリムシに含まれるパラミロンは、お腹の中の嫌な臭いを消したり、脂肪の排出を促したりします。
お腹の調子が悪くてダイエットに失敗する方ほど、ミドリムシを摂取するべきなのです。

 

参考:葉酸サプリのおすすめはこちら

「遺伝子解析」と「ミドリムシ」ビジネスの最前線


2015/08/31 に公開
DeNAヘルスケア事業部長・大井潤氏×ジーンクエスト代表・高橋祥子氏×ユーグレナ社長・出雲充氏×プロノバ社長・岡島悦子氏
https://www.youtube.com/watch?v=Y_UCxxuao78
より

 

DeNAヘルスケア事業部長・大井潤氏×ジーンクエスト代表・高橋祥子氏×ユーグレナ社長・出雲充氏×プロノバ社長・岡島悦子氏
G1ベンチャー2015
第3部 分科会C「遺伝子解析ビジネスとミドリムシ〜“破壊的”イノベーションを生み出せるか〜」

 

Yahoo!やDeNAをはじめとするインターネット企業の遺伝子解析ビジネスへの参入が相次いでいる。DeNAは子会社DeNAライフサイエンスを設立し、Yahoo!はジーンクエストと組み、遺伝子解析サービスを開始した。Googleは遺伝子解析を中心とした大規模医療研究プロジェクト立ち上げを発表。ユーグレナは、ミドリムシによる食品・エネルギーの開発に取り組み、74億円を増資し、国内外で事業展開を進めている。バイオテクノロジーはどのような可能性を持ち、どのような機会を持つのか。各社のキーパーソンたちが議論する(視聴時間1時間10分17秒)。

 

 

【ポイント】
・自分の遺伝子タイプによってリスクを顧客に提供し、それによって個人の行動変容を促していきたい(大井氏)

 

・パーソナルゲノム解析を個人向けに提供している。ゲノムは遺伝子全体を指す。同時にゲノム情報を集積している。これは、病気の原因解明や臨床試験などにも展開が可能(高橋氏)

 

・ミドリムシは「燃料」「食用」として利用していく。この技術を広げて、2100年には今世界に10億人にいる栄養失調人口をゼロにし、航空エネルギーの1割を新エネルギーとしてミドリムシにリプレイスしていきたい(出雲氏)

 

・ブランディングに苦慮した経験から、日本の場合は、大手の企業との緊密なコラボレーションが非常に重要。連携する会社をうまく見つけること(出雲氏)

 

・遺伝子情報を知ることで、健康寿命が延び、医療費の削減が可能。日本人は遺伝的な背景が均一なのでノイズが少ない。これは日本人としての生物の財産なので、これを引き出し、研究機関と民間が持っているデータベースを統合し活かすことが重要(高橋氏)

 

・アメリカでは、国と民間のダブルトラックでゲノム研究に取り組んでいる。かたや日本は力不足。日本人のゲノム情報を日本人の財産として活用する制度を作るべき(大井氏)

 

・日本人は遺伝子検査について心理面での抵抗感がある。差別につながるようなイメージがあるが実際は違う。違っていて当たり前だと社会で教育し、リテラシーを上げていかなければならない(高橋氏)

 

・日本は非常に恵まれており、健康の価値、病気になったときのリスクが顕在化しない仕組みなので、これでは、今まで安心していた部分が崩壊する。その方向に向かわぬよう、健康の価値を明確化すべき(大井氏)

 

・遺伝子解析サービスをマネタイズするというより、データの集積からどう価値を作っていくかが大切。遺伝子解析サービスはリピータがいないので、よりデータをたくさん集めて精度を高めることにフォーカスしていく(高橋氏)

 

(肩書きは2015年4月29日登壇当時のもの)

 

参考:http://globis.jp/print/3553